静岡県磐田市の会計事務所・税理士事務所 企業の会計・税務・監査・申告業務、M&A、相続相談、公益法人・社会福祉法人の会計・税務、労働者派遣事業の監査等トータルサポート!

中野純公認会計士・税理士事務所
やさしい税務会計ニュース
税務基礎講座
今月のお仕事カレンダー
旬の特集
経理総務書式集
クライアント紹介
中小企業のM&A
業務内容
正社員・パート募集中

中野純公認会計士・税理士事務所:所長・中野純
所長の中野純です
プロフィール

中野純公認会計士・税理士事務所のメンバーです
中野純公認会計士・税理士事務所のメンバーです
御社の会計・税務・事業継承を全力でサポートします。
スタッフ紹介

ISO9001認証取得

私たちは、「基本に徹して先端を走る」をモットーに以下のサービスを提供しています。なお、月次監査、決算監査及び申告書の作成業務については、ISO9001の認証取得を受けています。

お問合せは【TEL.0538-35-8205】までお気軽にどうぞ

文書作成日:2018/02/20
仮想通貨雑所得とふるさと納税

[相談]

 私は今年から、会社に勤務する時間以外の時間を活用して、仮想通貨取引を始めました。きっかけは、友人が昨年の仮想通貨相場の高騰により多額の所得を得たことです。
 その友人からは、所得税の納税額を減少させるためには「ふるさと納税」が有効であると聞きましたが、実際のところはどうなのでしょうか。所得税法上、留意すべき点があればぜひ教えてください。


[回答]

 ふるさと納税を行うと、原則的には一定額の所得税を減少させることになります。ただし、ふるさと納税の謝礼として受け取った特産物等に関する経済的利益が、所得税法上の「一時所得」に該当し、別途の課税関係が生じる可能性がありますのでご注意ください。


[解説]

1.ふるさと納税を行った場合の効果

 ふるさと納税を行った場合、その金額のうち自己負担額2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含みます)及び個人住民税から控除(寄附金控除)されることとなります。ただし、全額控除されるふるさと納税額には年間の上限があり、その上限を超えた金額については、全額控除の対象とはなりません。

 寄附金控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った年の翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行う必要があります(※)。なお、確定申告を行う際には、ふるさと納税をした自治体が発行する寄附の証明書・受領書や、専用振込用紙の払込控(受領書)が必要となります。

※確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合には、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」により、確定申告を行わなくても寄附金控除を受けられる場合があります。


2.ふるさと納税返礼品と一時所得との関係

 ふるさと納税を行うと、多くの場合、寄附先の地方自治体からその地方の特産品などの返礼品を受け取ることができます。その返礼品受け取りについての所得税法上の取扱いは、@ふるさと納税の返礼品を受け取ったことによる経済的利益は、所得税法上の非課税所得とされるものには該当しないこと、A法律上、地方公共団体は法人とされていること、以上の理由から「一時所得」に該当することとされています。

 なお、一時所得の金額は次のように計算します。

一時所得の金額=(一時所得の収入金額の合計額−その一時所得を得るために支出した金額の合計額(※))−50万円

※支出した金額には、ふるさと納税額は含まれません。

 一時所得は、原則的にはその所得金額の1/2に相当する金額を給与所得などの他の所得の金額と合計して、最終的に納める所得税額を計算することとなります(総合課税)。


 一時所得の計算については、上記の50万円の控除があるため、多額のふるさと納税を行わなければ、ただちに返礼品受け取りによる経済的利益が一時所得に該当する可能性は低いと考えられます。
 ただし、いわゆる仮想通貨長者の方などが、所得税の納税額を減少させるため、一度に多額のふるさと納税を行った場合などは、要注意です。

 このように、税金に関することは事前に多方面からの検討が必要ですので、ぜひ当事務所へご相談ください。


参考条文等:所法9、22、34、36、所基達34-1(5)、地方自治法2


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



源泉徴収選択口座に係る株の配当を申告するか否かの選択単位2018/02/13
株の配当に係る課税方法の変更可否2018/02/06
株の配当を申告する場合の課税方法の選択単位2018/01/30
事業用車両の売却に係る所得区分2018/01/23
個人間売買に係る住宅借入金等特別控除の適用について2018/01/16
セルフメディケーション税制/従来の医療費控除との選択適用2018/01/09
セルフメディケーション税制/取組を明らかにする書類とは2018/01/02
セルフメディケーション税制/人間ドック2017/12/26
セルフメディケーション税制/インフルエンザの予防接種2017/12/19
アスファルト舗装のない駐車場と消費税2017/12/12
年末調整による過不足額がその月分の納付すべき税額を超える場合2017/12/05
外国籍労働者の年末調整2017/11/28
給与所得の源泉徴収票の配布2017/11/21
休職中の従業員の年末調整2017/11/14
年末調整対象者から年末調整をしなくてもいいといわれたとき2017/11/07
年末調整の対象者は誰ですか?2017/10/31
年末調整のスケジュール2017/10/24
外国人学生アルバイトと源泉所得税2017/10/17
NPO法人が行う住宅改修事業に係る消費税の取扱い2017/10/10
NPO法人に係る消費税取扱いの概要2017/10/03
ふるさと納税ワンストップ特例と期限後申告2017/09/26
シロアリ駆除費用と還付申告2017/09/19
社会保険料削減スキームと税制2017/09/12
受贈者が贈与者より先に死亡した場合の相続時精算課税の課税関係2017/09/05
コピーした契約書に印紙税は課税されるのか?2017/08/29
個人事業主が作成する帳簿書類等の保存期間2017/08/22

▲このページの先頭へ
中野純公認会計士・税理士事務所
〒438-0071 静岡県磐田市今之浦4-17-10
TEL 0538-35-8205 FAX 0538-35-4109


このサイトのTOPへ戻る リンク集 お問合せ 免責事項・プライバシーポリシー 事務所概要